連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸市会政活費不透明支出

  • 印刷

 会見に出席した浜崎為司市議、梅田幸広市議、坊池正市議の主なやりとりは次の通り。

 -大野元市議は、1人で架空委託を行っていたのか。

 (浜崎)「政活費の捻出はいつから起こっていたのか知らない。私は指示していない。自分の判断で領収書を用意していたのだと思う」

 -陣中見舞いは1人にいくら配ったのか。受け取った額は。

 (浜崎)「中身は分からない。新人については分かるが、言えない」

 (梅田)「陣中見舞いでありがたいなと。100万円入っていた」

 (坊池)「中身は梅田市議と同じ。ありがたいと思った」

 -陣中見舞いを配る際、領収書は求めたのか。

 (浜崎)「求めるような筋合いのお金ではない。選挙前の陣中見舞いは往々にして領収書は切らない」

 -政活費とは疑わなかったのか。

 (梅田)「自民党の場合、陣中見舞いをいただいても『どこからの金ですか』と確認しない。ありがたいなと。気いよう(気持ちよく)いただいた」

 -議員辞職の考えは。

 (浜崎)「政活費の問題も究明がまだまだ。議員の立場で市民の期待に応えたい」

 (梅田)「経理責任者として大変申し訳なく思っているが、辞めるつもりはない」

 (坊池)「これからはしっかりと市民の負託に応えたい」

2015/8/11

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ