連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸市会政活費不透明支出

  • 印刷

自民党神戸(改称後に解散)をめぐる政務活動費(政活費)の疑惑の経緯(下)

【9月25日】

 市議会が、被疑者不詳とする虚偽公文書作成・同行使容疑の告発状を県警に提出する。

【10月2日】

 架空委託で捻出された政活費が“裏金化”される流れが、自民党神戸の複数の銀行口座の記録から裏付けられたと報道される。

【10月8日】

 市議会検討会後の会派経理責任者らによる会議で、領収書のインターネット公開などの再発防止策について合意。県警に告発状を再提出する。

【10月16日】

 市議会が流用と判断した推計額のうち、既に返された分を除く約1787万円が自民党神戸から返還されないとして、10月末までに返還計画の提出するよう浜崎議員と岡島議員に求める。

【10月19日】

 市議会の会派経理責任者らによる会議で、業者への支払いは原則振り込みとするなどの再発防止策について合意する。

【10月21日】

 自民党神戸が「自民党創生会」に会派名を変更する。

【10月26日】

 市議会検討会で合計16項目からなる再発防止策の導入を決定。印刷費をめぐる新たな架空委託が発覚し、流用の推計額を約3447万円へ変更するとともに、県警への刑事告発に詐欺容疑を加える方針も決める。

【11月2日】

 市議会が県警に3回目となる告発状の提出。詐欺容疑を加える。

【11月25日】

 自民党神戸に所属した議員らが約200万円を市議会事務局に返還する。

【12月1日】

 自民党創生会(自民党神戸が改称)が解散する。

【12月15日】

 自民党神戸に所属した議員らが約2026万円を市議会事務局に返し、流用と判断された全額に利息を加えた計約3754万円の返還が完了する。

【2016年1月18日】

 市議会検討会で、再発防止策を盛り込んだ条例や経理要綱の見直し案を協議。2015年度分から領収書をネット公開するなどの方針を決める。

【1月28日】

 市議会が県警に4回目となる告発状の提出。受理される。

神戸市会・政活費不正流用 疑惑の経緯(上)

神戸市会の政活費流用、異例の展開 県警捜査へ

2016/1/28

天気(11月25日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ