連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸市会政活費不透明支出

  • 印刷

 梅田幸広市議 2011年度幹事長、10、12年度経理責任者(現在は別会派)

 -幹事長や経理責任者として会派の収支をどう確認していたか。

 「常日頃、何をやってるかと言われたら、やっていないのが現実だ」

 「ありがたいことに幹事長もさせてもらったが、一切、お金とか、そんなんは触らんでよかった。幹事長いうても名前だけで、3人がほとんど決めていた」

 -3人というのは。

 「大野議員、浜崎議員、岡島議員。私もいろいろ肩書をもらったが、本当にあて職で。お金の話とかなんやいうのはタブーで、『おまえ、かまわんでええ』という感じだった」

 -裏帳簿についてはいつ知ったか。

 「新聞に出て知った。家で読んでびっくりした。(裏帳簿は)一切見たこともなかったし、コピーなども持っていない」

 -裏帳簿などには、1月5日に600万円の支出があり、所属議員1人当たり50万円が配られた記録がある。

 「もらってない。50万円をもらったとしたら、よう覚えてる」

 -3月下旬に「陣中見舞い」を受け取った記憶は。

 「(団長だった)浜崎議員からいただいたような気がする。確か、名前を書いていない白封筒で、100万円だった。『助かるな』と思った」

 -受け取った陣中見舞いについて、領収書を切っていない。

 「政治献金、例えば5千円、1万円持ってこられたら、領収書を書かないでしょう。酒を持ってこられたりしても、領収書を書かない。それと同じようなイメージがあったから、何も思わなかった」

2015/9/15

天気(8月5日)

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ