連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

大学連携/地域連携

  • 印刷
連携を結ぶ協定書を掲げ、握手を交わす関西学院大の村田治学長(右)と神戸新聞の高士薫社長=神戸市中央区東川崎町1、神戸クリスタルタワー
拡大

連携を結ぶ協定書を掲げ、握手を交わす関西学院大の村田治学長(右)と神戸新聞の高士薫社長=神戸市中央区東川崎町1、神戸クリスタルタワー

連携を結ぶ協定書を掲げ、握手を交わす関西学院大の村田治学長(右)と神戸新聞の高士薫社長=神戸市中央区東川崎町1、神戸クリスタルタワー

連携を結ぶ協定書を掲げ、握手を交わす関西学院大の村田治学長(右)と神戸新聞の高士薫社長=神戸市中央区東川崎町1、神戸クリスタルタワー

 神戸新聞社と関西学院大学(西宮市)は12月5日、包括的な連携協定を結んだ。人口減や少子高齢化など現代社会が直面する地域課題について、大学の知的成果と新聞社の発信力を結集させ、解決を目指していく。

 両者はこれまでにも、朝来市の竹田城跡を生かしたまちづくりや、関学生による神戸新聞夕刊紙面の執筆など連携してきた。今後は協定に基づき、IT起業家を支援する「神戸スタートアップオフィス事業」など新たな取り組みも進めていく。

 連携するのは、地域共生・地域振興など地域課題解決の推進▽IT起業家の育成など産業振興▽教育の推進・人材育成▽防災・減災啓発活動▽情報発信▽学術・研究▽その他両者が必要と認める事項-の7項目。

 この日、神戸市中央区東川崎町1の神戸クリスタルタワーであった調印式では神戸新聞社の高士薫社長と同大の村田治学長が協定書にサインし、握手を交わした。

 記者会見で高士社長は「協定によって、さまざまなことを成し得る可能性を生み出せた。現場に即した議論を関学大と進めながら成果に結び付けたい」と強調。村田学長は「神戸が発祥の両者。地域に根ざしたグローバル化を進め、学生の創造力を高めるため、神戸新聞社の情報収集・発信力やノウハウを伝えていただきたい」と話した。(吹田 仲)

2015/12/6

天気(10月23日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ