連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

大学連携/地域連携

  • 印刷
事業内容の説明に耳を傾ける起業家ら=神戸市中央区東川崎町1、神戸新聞社
拡大

事業内容の説明に耳を傾ける起業家ら=神戸市中央区東川崎町1、神戸新聞社

事業内容の説明に耳を傾ける起業家ら=神戸市中央区東川崎町1、神戸新聞社

事業内容の説明に耳を傾ける起業家ら=神戸市中央区東川崎町1、神戸新聞社

 IT起業家(スタートアップ)のビジネス創出を支援する「神戸スタートアップオフィス事業」の参加事業者向け説明会が15日、神戸新聞社(神戸市中央区)で開かれ、関係者約20人が集まった。

 経済活性化や雇用創出を目指す同市の新規施策で、連携協定を結ぶ神戸新聞社と関西学院大学が運営する。今月27日、神戸・三宮の商業施設「ミント神戸」に開所するオフィスを拠点に、2月から約3カ月間の支援プログラムが展開される。

 説明会には、選考会を通過した支援対象5チームのメンバーが出席。各チームの事業プランについて助言・指導する「メンター」の発表などがあった。プログラムを統括する西本凌・関西学院大大学院教授は「IT関連企業の第一線で活躍する人物をメンターに充てた。積極的にノウハウを吸収してほしい」と呼び掛けた。

(峰大二郎)

2016/1/16

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ