連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

大学連携/地域連携

  • 印刷
大学の知力を生かしたまちづくりについて意見が交わされた=加古川プラザホテル
拡大

大学の知力を生かしたまちづくりについて意見が交わされた=加古川プラザホテル

大学の知力を生かしたまちづくりについて意見が交わされた=加古川プラザホテル

大学の知力を生かしたまちづくりについて意見が交わされた=加古川プラザホテル

 地域と大学の連携の可能性について考えるシンポジウム「加古川市と甲南大学の地域連携」が4日、加古川市の加古川プラザホテルであった。行政や大学関係者、同大と連携協定を結ぶ神戸新聞社がまちづくりに果たせる役割や互いへの期待などについて意見を交わした。

 甲南大学の同窓会「東播磨甲南会」が企画した。基調報告では、加古川市の白水伸英副市長が、人口減少時代に突入した同市の現況と取り組みを説明。「若者のアイデアをまちづくりに生かす大事な局面にきている」と述べた。甲南大の長坂悦敬学長は、地域連携の重要性を強調し「地域と共に発展していく大学を目指したい」と発言した。

 続いて、東播磨甲南会の三宅隆宏会長、神戸新聞パートナーセンター地域連携室阪本浩之室長が加わり、パネル討議に入った。

 阪本室長は地元紙の役割として「地域の課題解決のために汗をかくことが求められている。大学や地元企業の力を地域に結び付けたい」と述べ、三宅会長は「甲南大の枠にとどまらず、協力の輪を広げていきたい」などと話した。(小尾絵生)

2016/6/5

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ