連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

大学連携/地域連携

  • 印刷

 神戸大学が大学出版会を設立し、1月30日午後3時から、神戸大学百年記念館六甲ホール(神戸市灘区六甲台町1)で記念シンポジウムを開催する。京都精華大学学長で漫画家の竹宮惠子氏と、神戸大の卒業生で作家の福田和代氏がそれぞれ講演し、パネルディスカッションも開催する。

竹宮氏(漫画家)、福田氏(作家)が講演

 神戸大は総合大学ながら出版会がなく、設立を望む声があった。神戸大と神戸新聞社は2014年に包括連携協定を結び、出版などについても協議。神戸新聞総合出版センターのブランドを持つ神戸新聞総合印刷が、編集と出版・販売を外注する仕組みをアドバイスし、大学出版会の設立につながった。

 学術研究書、ゼミや講義で使用する教科書、公開講座やフォーラムの成果をまとめたブックレット出版などを想定している。

 竹宮氏は「風と木の詩」「地球へ…」などの作品で知られ、日本漫画家協会賞の文部科学大臣賞を受賞。14年に紫綬褒章受章。

 福田氏は神戸市出身。神戸大学工学部を卒業し、システムエンジニアを経て、07年航空謀略サスペンス「ヴィズ・ゼロ」でデビューした。2人の講演に続いて、武田廣学長、高士薫神戸新聞社社長も加わり出版会の意義や今後についてパネルディスカッションを行う。参加無料。

 当日、書籍購入者には竹宮氏と福田氏のサイン会に参加できる。出版会事務局TEL078・803・7315

2018/1/23

天気(11月14日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 60%

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ