連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

戦争とひょうご記事一覧

  • 印刷

KobeShimbun

動画一覧へ

 昭和天皇が玉音放送で読み上げた終戦の詔書の現代語訳は次の通り。

 私は深く世界の情勢とわが国の現状を考え、非常の手だてをもって事態を収拾しようとし、私の忠義で善良な国民に告げる。

 私は政府に、米国、英国、中国、ソ連の4カ国に対し、共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させた。

 そもそも国民の安らかな生活を図り、世界の国々と共に栄えるようにしていくことは、歴代天皇が残してきた手本であり、私もそのように念じてきた。先に、米英2国に宣戦布告した理由も、実にわが国の自存とアジアの安定とを願ったためで、他国の主権を排し、領土を侵すようなことは、もとより私の意志ではない。

 しかし、交戦は既に4年を経た。陸海将兵は勇戦し、役人たちも職務に励み、一億国民も努力し、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転せず、世界の情勢もまた私たちに不利である。

 そればかりか、敵は新たに残虐な爆弾を投下して、罪のない人々を殺傷し、その悲惨な被害の及ぶところは計り知れない。それでもなお、交戦を継続すれば、ついにはわが民族の滅亡を招くのみならず、ひいては人類の文明をも破滅させることになってしまう。

 そのようなことになれば、私はどうして、多くのわが子とも言える国民を保護し、歴代天皇の霊に謝ることができようか。これが、私が政府に共同宣言に応じるようにさせた理由である。

 ポツダム宣言の受諾にあたり、私は、わが国と共に終始、アジアの解放に協力した友好諸国に対し、遺憾の意を表さざるを得ない。国民においては、戦場で死亡したり、職場で殉職したり、不幸な運命で亡くなった人々やその遺族を考えると、悲しみに堪えない。

 さらに、戦場で傷を負い、災禍を被り、家や職場を失った者の厚生にいたっては、私が深く胸を痛めるところである。思うに、今後、わが国の受ける苦難はもとより尋常なものではない。国民の心もよく分かる。

 しかし、時世の移り変わりはやむを得ないところで、耐え難いことを耐え、忍びがたいことを忍んで、将来のために平和を実現しようと思う。

 私はここに国体を護持し得て、忠義で善良な国民の真心を信じ、常に国民と共にある。もし、感情の激するままに争い事をしたり、同胞同士が互いに相手をけなし陥れたりして、時局を混乱させ、そのために道を誤り、世界の信頼を失うようになれば、それは、私が最も戒めることだ。

 どうか、挙国一致してこの国を子孫に伝え、わが国の不滅を固く信じ、国家の再生と繁栄への責務は重く、そこに至る道は遠いと心に刻み、持てる力を将来の建設に傾け、道義心をあつくし、志を固くして、わが国の美点を発揮し、世界の進歩に遅れないように努力しなければならない。

 あなた方国民には、私の思いをよく理解し、身につけてほしい。(監修・川上和久明治学院大教授)

2015/8/1

天気(6月2日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 28℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

  • 31℃
  • 20℃
  • 40%

お知らせ