連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

戦争とひょうご記事一覧

  • 印刷
長崎で被爆し、原爆症に苦しんだ当津隆さん。「70年も生きられると思わなかった」=神戸市垂水区
拡大
長崎で被爆し、原爆症に苦しんだ当津隆さん。「70年も生きられると思わなかった」=神戸市垂水区
「多くの人が焼け死んだあの日を思い出すと涙がこみ上げてくる」と話す谷川静雄さん=三木市吉川町
拡大
「多くの人が焼け死んだあの日を思い出すと涙がこみ上げてくる」と話す谷川静雄さん=三木市吉川町

 太平洋戦争末期の原爆投下から、今年で70年になる。8月6日に広島で、同9日に長崎で、一瞬にして多くの命が奪われた。焼け野原になった街で、日本兵が焼けただれた遺体を運ぼうとすると、皮がずるりとむけた。無数の遺体を川に投げ入れ、積み上げて火を付けた。いつ終わるとも知れない作業に従事した人たちの脳裏には、今も当時の光景が焼き付いて離れない。

「成仏を」涙こぼれた 広島、遺体を川へ投げ入れ/谷川静雄さん(89)=三木市吉川町

 「熱い、痛い」「兵隊さん、水をくれ」

 1945年8月6日、広島。トラックで橋の上に運ばれた被爆者が口々に訴えた。顔や腕は、やけどで皮がむけていた。一升瓶で川の水を与えると、「ありがとう」と言い残し、果てていった。

 「成仏してください」。19歳だった谷川静雄さん(89)=三木市吉川町=はそう言葉を掛け、遺体を川へ投げ入れた。涙がこぼれた。憲兵隊の命令で連日駆り出され、数え切れない遺体を葬った。

 原爆投下時は陸軍の船舶暗号兵として、爆心地から3・7キロの仁保町の兵舎にいた。午前8時15分。軍服を脱ごうと左手を抜いた瞬間、熱風に襲われ、兵舎もろとも吹き飛ばされた。がれきの中から無我夢中で脱出した。

 それからは食べるのに必死で、民家の焼け跡から瓶に入ったラッキョウや焦げた麦を見つけては、飢えをしのいだ。

 復員後、体調を崩し、白血球が少ないと診断された。栄養失調だと思っていたが、原爆の影響だった。たばこをやめ、食べ物にも気を使う。日に当たるとひりひり痛むため、夏でも長袖が欠かせない。

 大動脈解離や肺がんも乗り越え、「前向きに生き、社会に貢献することが戦友の供養になる」と話す。

 8月末、約30年ぶりに広島に行く。長女、次女家族の願いに応え、被爆した場所を訪ねることにした。

 「本当は行きたくないし、被爆体験を語りたくもない。でも、若い世代に伝えていかないといけない」

(大島光貴)

 ◆

「まさに地獄だった」長崎遺体を積み上げ火葬/当津 隆さん(89)=神戸市垂水区

 両手両足を二人で持ち、「1、2の3」の掛け声で遺体を放り投げる。10体以上、積み上げて人の山をつくり、火を付けた。焼け野原のあちこちで、黒い煙が立ち上った。

 当時19歳だった当津(とうつ)隆さん(89)=神戸市垂水区=は、長崎で遺体の火葬に携わった。

 8月9日午前11時2分。陸軍歩兵第39連隊に所属していた当津さんは、爆心地から約10キロ離れた臨時兵舎で原爆の閃光(せんこう)を見た。

 すぐ出動命令が出され、市内へ。死んだ母親の体をまさぐる血まみれの乳児、木に突き刺さった人…。浦上川は血で赤く染まった。

 高台に被災者が集められ、息のある人がうごめいていた。当津さんは、死亡が確認された遺体を運んだ。

 当津さんも8月下旬から、微熱や下痢、倦怠(けんたい)感が続いた。箸も持てず、あごでコップを倒して水をすすった。

 戦後、高校教諭になったが、終戦から5年後に再び同じ症状に悩まされ、数カ月療養した。69歳で前立腺がんになるなど、これまでに何度も手術した。

 「長崎はまさに地獄だった。本当の惨状を知れば、誰も再び原爆を使おうと思わないはずだ」

(斉藤正志)

2015/8/5

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ