連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

戦争とひょうご記事一覧

  • 印刷
北戴河の陸軍病院前で同僚看護婦と並んで写真に納まる近藤文子さん(中央)=1944年夏(近藤さん提供)
拡大
北戴河の陸軍病院前で同僚看護婦と並んで写真に納まる近藤文子さん(中央)=1944年夏(近藤さん提供)
拡大

 74年前の12月8日に始まった太平洋戦争。「赤紙」は女性たちにも届いた。神戸市垂水区神陵台9の近藤文子(ふみこ)さん(90)は従軍看護婦として召集され、中国東北部の陸軍病院に赴く。現地では、多くの兵士が病気のために命を落としていた。そこはもう一つの“戦場”だった。(藤村有希子)

 近藤さんは1925(大正14)年、徳島市に生まれ、6人きょうだいの5番目。長兄は日中戦争に出征し、赤痢の感染で死亡した。

 太平洋戦争下、高等女学校を経て、42年、現在の高松赤十字病院の甲種救護看護婦養成所に進学した。1年繰り上げで、44年に卒業した。

 同年4月、召集令状を受ける。18歳。「お国のために働ける」。喜び勇み、翌月、中国へ渡った。派遣されたのは現河北省・北戴河の陸軍病院。「北支派遣甲第一八三〇部隊」の看板がかかり、白壁の感染症病棟が並んでいた。北戴河は海と丘に挟まれた避暑地で、周囲には花が咲き乱れていた。

 だが、看護は過酷を極めた。2日に1度の当直。患者の吐く血を予防衣に浴びながら看病することもあった。冬は氷点下30~40度に耐えた。

 忘れられない場面がある。「お母さん、お母さん」。病の床にいた20歳前後の兵士がしきりに叫んでいた。呼吸は荒く、表情がゆがむ。近藤さんは自分と同世代の彼の手を握り「お母さん、ここにいるよ、大丈夫よ、元気出せ」と声を掛け続けた。兵士は間もなく息を引き取った。

 「最期をみとるのが一番つらかった」と近藤さん。「疲労と栄養失調で病気になる兵士が多かった。日本の未熟な戦い。こんなことでいいのか、と徐々に思い始めた」

 日中戦争から終戦までに亡くなった軍人・軍属は約230万人。「飢死(うえじに)した英霊たち」などの著書がある歴史学者の藤原彰氏(故人)は、うち6割の約140万人が戦闘ではなく、病気による「戦病死」だったと推計している。そして、そのほとんどが栄養失調による感染症罹患(りかん)も含めた「餓死」だったともいわれる。

 敗戦後、帰国した近藤さんは結婚し、夫の勤務の関係で神戸に転居した。戦時中の体験から「若者を健やかに育てたい」と市立小中学校の養護教諭としての道を歩んだ。

 戦後70年。近藤さんは言う。

 「病院で毎日泣きながら遺体を運んだ。今を生きる人たちにも、あの時代に思いをはせてほしい。もう二度と戦争のないように」

 【従軍看護婦】

 旧日本軍の指揮の下、戦地などで傷病兵を手当てする看護婦。日中戦争から太平洋戦争にかけて、日本赤十字社から3万1450人が従軍し、1120人が殉職した。うち同社兵庫支部からは812人が赴き、28人が亡くなった。徳島支部からは468人が派遣され、14人が死亡した。

 【体験を自費出版】

 近藤さんは、当時の体験を冊子「文ちゃん生きて帰ってきてね」にまとめ、このほど自費出版した。A5判、112ページ。千円。近藤さんTEL080・7005・4374

2015/12/9

天気(10月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ