連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
平野達彦容疑者が取り調べを受けている洲本署=9日午前11時17分、洲本市山手2
拡大
平野達彦容疑者が取り調べを受けている洲本署=9日午前11時17分、洲本市山手2

 兵庫県洲本市で3人が刺殺され、2人の遺体が見つかった事件で、逮捕された無職平野達彦容疑者(40)とみられる人物が、各種の会員制交流サイト(SNS)に登録し、政府や宗教団体を批判する投稿を繰り返していた。

 〈日本政府は何十年も前から各地で電磁波犯罪とギャングストーキングを行っている〉

 平野容疑者とみられる人物は、短文投稿サイト「ツイッター」に最近も1日10件前後を投稿。ほぼすべてで政府などを激しく攻撃していた。フェイスブックのプロフィル欄では、好きな言葉を「勧善懲悪」とし、「管理ネット代表」を名乗る。同名のウェブサイトも開設し、よく似た主張を展開していた。

 管理しているとみられるサイトから7日、複数のメールアドレスに宛てて「『電磁波犯罪とギャングストーキング』している人たち」とするリストが送りつけられていたという。中には、事件の被害者とみられる名前も複数あった。

 フェイスブックの「友達」リストには、兵庫県内の地方議員らが多数登録されていたが、そのうちの市議の一人は「面識はなく、記憶にない」と話す。書き込みからは、ほかの「友達」とも交流する様子はほとんどうかがえない。

2015/3/9

天気(7月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ