連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 兵庫県洲本市で2015年3月、2家族の男女5人が刺殺された事件で、殺人罪などに問われた平野達彦被告(42)に対し、検察側が死刑を求刑した裁判員裁判は3日午後も続き、同被告が「本当の被害者は私」などと無罪を主張する最終意見陳述をして結審した。判決は22日。

 被告の責任能力の有無が主な争点。同被告の陳述は約1時間に及び、「殺害は自分の意思から生じたのではなく、操作された」と主張。公判で示された精神鑑定結果についても「信用できない」などと訴えた。

 この日の公判で検察側は「完全な責任能力があった」と指摘。弁護側は「精神障害により、心神喪失か心神耗弱の状態だった」と述べ、無罪か死刑の回避を求めた。

2017/3/3