連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 兵庫県洲本市の5人刺殺事件で殺人などの罪に問われ、死刑を求刑された平野達彦被告(42)。「工作員が私の脳を電磁波兵器でブレーンジャックした(乗っ取った)」と主張、被害者を「サイコテロリスト」と呼ぶなど不可解な言動を繰り返し、一貫して表情を変えることなく公判に臨んでいた。だが「死刑」の言葉を聞いた途端、険しい顔つきに。極刑を望む遺族らは傍聴席から厳しい視線を投げ掛けた。

 「謝罪の言葉はなく、反省の態度も見られない」「極刑を望む遺族の処罰感情は峻烈(しゅんれつ)だが、結果に照らせば当然だ」

2017/3/3

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ