連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
平野達彦被告の判決公判が開かれた神戸地裁=22日午後、神戸市中央区橘通2
拡大
平野達彦被告の判決公判が開かれた神戸地裁=22日午後、神戸市中央区橘通2

 兵庫県洲本市で2015年3月、2家族の男女計5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判の判決公判が22日、神戸地裁で始まった。長井秀典裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由から朗読を始めた。厳しい量刑が予想される。

 公判は平野被告の当時の精神状態や責任能力の有無が争点。検察側は、精神鑑定結果や計画性などから「完全な責任能力があった」とし、弁護側は、精神障害による妄想で「善悪の判断ができず、心神喪失か心神耗弱だった」と主張していた。

 起訴状によると、平野被告は15年3月9日午前4時ごろ、洲本市中川原町の自宅近くに住む平野毅さん=当時(82)=方で毅さん夫妻をサバイバルナイフで殺害。その約3時間後、平野浩之さん=同(62)=方で浩之さん家族3人を刺殺したとされる。

 平野被告は公判で、「本当の被害者は私」「工作員が私の脳をブレーンジャックした(乗っ取った)」などと持論を展開していた。

2017/3/22

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ