連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 兵庫県洲本市で2015年3月、2家族の男女計5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判の判決公判が22日、神戸地裁であった。長井秀典裁判長は「正常な心理で殺害を選択し、実行した」と完全責任能力を認め、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は判決を不服として即日控訴した。

 公判は平野被告の事件当時の精神状態や責任能力の有無が争点だった。神戸地裁の裁判員裁判での死刑判決は、14年9月に神戸市長田区で起きた小1女児殺害事件に続き2例目。

 長井裁判長は判決で、向精神薬の大量摂取による精神障害が妄想を引き起こし、動機に影響したと指摘。一方で「殺害の実行には影響がほとんどなく、犯罪と分かっていながら、あえて殺害を選択した」と述べた。

 さらに「一定の計画性の下で非常に強い殺意があり、動機も身勝手」と強調。「落ち度のない5人もの命を奪った上、犯行を正当化し続けている」とした。

 公判で検察側は精神鑑定結果などから「完全な責任能力があった」としたのに対し、弁護側は「精神障害による妄想で善悪の判断ができなかった」として、心神喪失による無罪か心神耗弱による罪の軽減を求めていた。平野被告は「工作員に仕組まれた完全な冤罪」と主張していた。

 【洲本5人刺殺事件】平野達彦被告(42)が2015年3月9日、洲本市中川原町の自宅近くに住む平野毅(たけし)さん=当時(82)=方で毅さん夫婦をサバイバルナイフで殺害し、平野浩之さん=同(62)=方で浩之さん家族3人を刺殺したとされる事件。平野被告は10年12月、自分や他人を傷つける恐れがある精神障害者らを行政が強制入院させる「措置入院」により、明石市内の病院に入院。入退院を繰り返し、事件前に実家に戻っていた。

2017/3/22

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ