連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 2015年3月に兵庫県洲本市で起きた5人刺殺事件の裁判員裁判初公判が8日、神戸地裁であり、殺人などの罪に問われた平野達彦被告(42)の態度をめぐり、長井秀典裁判長が異例の注意をした。

 長井裁判長によると、事件直後に現場対応した洲本署員が証人として出廷中、平野被告が傍聴席に公判資料を見せるような行為をしたという。閉廷後に「疑わしい行為はしないでください」と告げると、平野被告は「いえいえ」と手を振って行為を否定した。

 公判で平野被告は「事件は完全なえん罪」と主張。被害者らを「サイコテロリスト」と呼び、「私の脳を乗っ取った」などの主張を繰り返した。

2017/2/9

天気(2月24日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 0%

  • 14℃
  • 1℃
  • 0%

  • 14℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ