連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 兵庫県洲本市で男女5人が刺されて死亡した事件で、無職平野達彦容疑者(40)=殺人容疑で送検=に刺殺されたとされる平野浩之さん(62)親子3人について、司法解剖の結果、死因は失血死などで、刺し傷は内臓に達していたことが13日、兵庫県警への取材で分かった。県警は平野容疑者が強い殺意を持っていたとみて動機などを調べている。

 県警によると、3人の死亡推定時刻はいずれも9日午前7時15分ごろ。浩之さんの死因は両側性血気胸で、右脇腹など約10カ所に刺し傷や切り傷があった。抵抗した際にできる防御創がなかったことから、不意を突かれた可能性があるとみられる。

 浩之さんの妻方子さん(59)と母静子さん(84)はともに失血死。方子さんは背中や胸など約30カ所に傷があり、静子さんも左脇腹など約15カ所を刺されるなどしていた。2人とも心臓に達する傷があったという。

 傷の形状などから、凶器は平野容疑者の自宅で押収されたサバイバルナイフの可能性が高いという。

 県警によると、死亡推定時刻と同じ午前7時15分ごろ、浩之さんが「家に人が来て刺された」と110番通報。浩之さんは屋外で倒れており、刺された直後に逃げながら携帯電話を使って通報したとみられる。

 現場近くの民家で遺体で見つかった平野毅さん(82)夫婦についても司法解剖して死因などを調べている。

2015/3/13

天気(11月21日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 14℃
  • 7℃
  • 30%

  • 16℃
  • 7℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ