連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 兵庫県洲本市中川原町中川原で、民家2軒の住人男女5人が刺されて死亡した事件で、兵庫県警に逮捕された近くの無職平野達彦容疑者(40)=殺人容疑で送検=が9日未明から早朝にかけ、遺体で見つかった平野毅さん(82)夫婦を襲った可能性のあることが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 毅さんと妻の恒子さん(79)の遺体は寝間着姿で、それぞれ母屋と離れの寝室で見つかっており、県警は毅さん夫婦が就寝中か、起きて間もなくに襲われたとみて調べている。

 捜査関係者によると、毅さん夫婦には複数の刺し傷があり、警察官が遺体を発見した際、死後数時間で現れるとされる硬直が始まっていた。毅さん宅の玄関や窓などに無理やり侵入した形跡などはなかったという。

 毅さん宅と、殺害された平野浩之さん(62)宅を担当する新聞配達員の証言では、9日午前3時半ごろに新聞を届けた際、民家2軒とも電気が消え、物音もしなかったという。現場付近は夜間に車や人とすれ違うことがない地域といい、「いつもと変わりない様子だった」と話した。

 事件は同日午前7時15分ごろ、浩之さんが「家に人が来て刺された」などと110番通報して発覚。洲本署員が駆け付けると、浩之さんは屋外で、妻の方子さん(59)と母の静子さん(84)は自宅で血を流して倒れていた。いずれも複数の刺し傷があったという。

 県警は、平野容疑者が毅さん夫婦を襲った後、浩之さん家族も襲ったとみて、5人の遺体を司法解剖して詳しく調べる。

2015/3/11

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ