連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
平野達彦被告(会員制交流サイトより)
拡大
平野達彦被告(会員制交流サイトより)
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 2015年3月に兵庫県洲本市で2家族の男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判が3日、神戸地裁であった。検察側は論告で「強固な殺意に基づく極めて残虐な犯行」と死刑を求刑。弁護側は「被害者らは工作員だ、という妄想で起きた犯行」とし、無罪か死刑の回避を求めた。判決は22日の予定。

 同地裁の裁判員裁判での死刑求刑は、14年9月に神戸市長田区で起きた小1女児殺害事件に続き2例目。

 公判は平野被告が事件当時、刑事責任が問える正常な精神状態だったかどうかが主な争点。同地裁の精神鑑定を実施した医師は「責任を取る意味での人格は保たれていた」と証言。平野被告はこれまでの公判で「工作員に仕組まれた完全な冤罪(えんざい)」などと主張していた。

 検察側は論告で「被告人の通常な人格の中で殺害は実行された。完全な責任能力を有していたことは明らか」と指摘した。弁護側は「精神障害により正常な善悪の判断ができず、心神喪失か心神耗弱の状態にあった」とした。

 被害者参加制度を利用して被害者の孫ら遺族2人も出廷し、量刑について「何の前触れもなく家族の命を奪われた。死刑にするべき」と意見を述べた。

【洲本5人刺殺事件】 平野達彦被告(42)が2015年3月9日、洲本市中川原町の自宅近くに住む平野毅(たけし)さん=当時(82)=方で毅さん夫婦をサバイバルナイフで殺害し、平野浩之さん=同(62)=方で浩之さん家族3人を刺殺したとされる事件。平野被告は10年12月、自分や他人を傷つける恐れがある精神障害者らを行政が強制入院させる「措置入院」により、明石市内の病院に入院。入退院を繰り返し、事件前に実家に戻っていた。

2017/3/3

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ