連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 洲本市で男女5人が刺されて死亡した事件で、刺殺されたとされる平野浩之さん(62)が、自宅を訪れた無職平野達彦容疑者(40)=殺人容疑で送検=の応対中に刺されたとみられることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者などによると、近くの民家に逃げて無事だった浩之さんの長女(32)が当時の状況について「家に人が来て父が応対し、直後に悲鳴が上がった」と説明したという。

 浩之さんは9日午前7時15分ごろ、「家に来た人に刺された」と携帯電話で110番。駆け付けた洲本署員が、屋外で倒れているのを見つけたという。電話をしながら倒れる浩之さんを長女は見たといい、浩之さんは襲われた直後に逃げながら通報したとみられる。

 兵庫県警によると、浩之さんは司法解剖の結果、右脇腹など約10カ所に刺し傷や切り傷があったが、抵抗した際にできる防御創(ぼうぎょそう)がなかった。県警は不意を突かれた可能性もあるとみて調べている。

 洲本市内の斎場では14日午前、浩之さんと妻方子(まさこ)さん(59)、母静子さん(84)の葬儀が営まれた。

 浩之さんとPTA活動に取り組んだという60代の女性は「何でも引き受けてくれた親切な人だった。悲しくて言葉が見つからない」と無念そうに語った。

2015/3/14

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ