連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 2015年3月に兵庫県洲本市で男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職平野達彦被告(42)=同市中川原町=の裁判員裁判が8日から神戸地裁で始まる。検察側は精神状態を調べる鑑定留置の結果、刑事責任を問えると主張し、弁護側は責任能力の有無について争う方針という。

 起訴状によると、15年3月9日午前4時ごろ、自宅近くの平野毅(たけし)さん=当時(82)=方に入り、毅さんと妻恒子さん=同(79)=をサバイバルナイフで殺害。その約3時間後、近くの平野浩之さん=同(62)=方で、浩之さん、妻方子(まさこ)さん=同(59)、母静子さん=同(84)=を同じナイフで刺殺したとされる。

 平野被告は事件前、精神状態が不安定なため、入退院を繰り返していた。逮捕後の調べでも意味が通じないことを話したといい、神戸地検が刑事責任能力の有無を判断するため、鑑定留置を実施。責任能力はあるとして起訴した。

 弁護側によると、平野被告は事件について否認。公判では同被告を鑑定した医師らの尋問が予定されており、市民から選ばれる裁判員らは刑事責任を問えるのかどうかなどの判断を迫られる。

2017/2/7

天気(4月27日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 14℃
  • 11℃
  • 60%

お知らせ