連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
拡大
刺殺事件があった(1)平野浩之さん宅と(2)平野毅さん宅。(3)は平野達彦容疑者の自宅=9日午後、洲本市
拡大
刺殺事件があった(1)平野浩之さん宅と(2)平野毅さん宅。(3)は平野達彦容疑者の自宅=9日午後、洲本市
庭にブルーシートが張られた平野浩之さん宅=9日午後3時40分、洲本市中川原町中川原
拡大
庭にブルーシートが張られた平野浩之さん宅=9日午後3時40分、洲本市中川原町中川原

 刺されて死亡した平野浩之さんは、兵庫県洲本市の測量設計会社を定年退職後、2013年4月から嘱託職員として兵庫県洲本土木事務所に勤務。上司の男性(58)は「まじめできちょうめんな性格。頼りにされ、人に恨まれる人ではない。信じられない」と声を落とした。近くに住む男性(67)も「地域の役を進んで引き受けていた。平穏な地域だったのに…」と顔をゆがめた。

 浩之さん方では、妻方子(まさこ)さん(59)、母静子さん(84)も遺体で見つかった。方子さんは市訪問介護事業所で介護士の手配などを担当。同僚は「まじめで明るく、信頼の厚い人だった」と惜しんだ。

 母の静子さんは短歌のグループで活動。近所の男性(73)は「柔らかい笑顔で、親切な人だった」と話し、穏やかな家族を襲った悲劇にうなだれた。

 一方、別の民家からは住民の平野毅(たけし)さん、恒子(つねこ)さん(79)夫妻が遺体で見つかった。元洲本市職員の毅さんは町内会長を務めたこともあり、住民は「地域の世話をしてきた人で、今も相談役。控えめに夫を支える恒子さんと、仲のいい夫婦だった」と話す。

 最近は孫夫婦と一緒に暮らすため、自宅の隣に家を建築中で、7月に完成予定だった。工事を担当した建設業の男性は「同居をあんなに楽しみにしていたのに」と悔やんだ。

【自ら通報「刺された」】

 「刺された」-。絶命の寸前に振り絞られた叫び。洲本市で9日、男女5人が刺され、死亡した事件。最初の110番は、凶刃の犠牲となった平野浩之さん自身からだった。息も絶え絶えの通報は「家に(平野)達彦(容疑者)が入ってきて刺された」と告げ、切れたという。

 「逃げえ」。浩之さんはその直前、長女(32)に向け叫んだ。その声を背に、約100メートル離れた隣家へ飛び込んだ長女。「近所の人が来て、お父さんとお母さん、おばあちゃんが刺された」。ガタガタと震えながら、電話を借りて警察に通報。その後は玄関に座り込んだまま震えが止まらなかったという。

2015/3/10

天気(1月19日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

  • 12℃
  • 1℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 12℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ