連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷

 2015年3月に兵庫県洲本市で男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)=同市中川原町=の裁判員裁判初公判が8日、神戸地裁であった。同被告は電磁波兵器によって殺害を強制されたとする意見書を読み上げ、「被害者とされる5人らに仕組まれた完全な冤罪(えんざい)だ」などと起訴内容を全面否認した。

 検察側は捜査段階で、同被告を精神鑑定する鑑定留置を実施。その結果から刑事責任能力があると判断した。

 弁護側も殺害自体を争うことを表明。一方で「(被告の主張が)あり得ないとすれば病的な妄想で、責任能力はないか、減じられている」とし、罪を軽減できる心神耗弱か、罪を問えない心神喪失に当たるとした。

 検察側は冒頭陳述で、被害者家族とのトラブルなどから「報復として殺害を考えた」と述べ、事件直前にインターネットで殺傷方法を検索していたと指摘した。

 起訴状によると、15年3月9日午前4時ごろ、近くに住む平野毅(たけし)さん=当時(82)=方に入り、毅さんと妻恒子さん=同(79)=をサバイバルナイフで多数回突き刺すなどして殺害。その約3時間後、近くの平野浩之さん=同(62)=方で、浩之さん、妻方子(まさこ)さん=同(59)、母静子さん=同(84)=を同じナイフで刺殺したとされる。検察側によると、平野被告と被害者5人に親族関係はない。

 同被告は10年12月、兵庫県による「措置入院」によって明石市内の病院に強制入院。入退院を繰り返した後、事件前に実家に戻っていた。

〈洲本5人刺殺事件と措置入院〉 2015年3月9日、洲本市中川原町中川原で、平野達彦被告(42)が近くに住む2家族計5人をサバイバルナイフで刺し殺したとされる事件。同被告は事件前、自分や他人を傷つける恐れがあるとして兵庫県の「措置入院」によって明石市内の病院に強制入院。退院後も通院したが、治療が途絶えた。県は継続的な支援が必要だったとして退院後も保健師らが見守る制度を始め、神戸市も17年4月から同様の取り組みを始める。

2017/2/8

天気(4月23日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 29℃
  • 8℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 30%

  • 27℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ