連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
判決を傍聴しようと抽選券を求める人たち=27日午前、大阪市北区、大阪高裁別館前
拡大
判決を傍聴しようと抽選券を求める人たち=27日午前、大阪市北区、大阪高裁別館前

 兵庫県洲本市で2015年3月、近隣の男女5人を刺殺したとして殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職平野達彦被告(45)の控訴審の判決公判が27日、大阪高裁であった。村山浩昭裁判長は、死刑とした一審神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、被告は心神耗弱だったとして無期懲役を言い渡した。一審に続いて刑事責任能力の程度や有無が争点となり、一審と控訴審で医師による精神鑑定の結果が異なる中、判断が注目されていた。

 09年の裁判員制度開始以降、裁判員に選ばれた市民らが審理した一審の死刑判決が二審で破棄されたケースは、今回の事件で7件目。今回を含め、いずれも二審で無期懲役となり、うち5件は既に最高裁で確定している。

 17年3月の一審判決は精神鑑定の結果、平野被告が長期間の向精神薬摂取による「薬剤性精神病」だったと認定した上で、精神疾患は殺害行為への影響が小さく「完全責任能力があった」とし、求刑通り死刑を言い渡した。

 弁護側が控訴し、二審で高裁は新たに精神鑑定を実施。担当した医師は一審と異なる「妄想性障害」と診断し、被害者から「電磁波攻撃を受けている」という同被告の妄想が悪化して「事件に圧倒的な影響を及ぼしていた」とした。

 弁護側はこうした控訴審での鑑定結果を尊重するよう求め、「心神喪失か心神耗弱だった可能性がある」と主張していた。検察側は「殺害には計画性があり、完全責任能力があった」と反論し、被告側控訴の棄却を求めていた。

 控訴審判決で、村山裁判長は控訴審での精神鑑定が「より信用性が高い」とした上で、「妄想性障害で被害妄想が悪化し、攻撃性などが極めて高まっての犯行。思いとどまる能力は著しく減退していた」と指摘した。

 判決によると、平野被告は15年3月9日未明から朝にかけて、洲本市内の自宅近くの住宅2軒を襲い、当時50~80代の男女5人をサバイバルナイフで刺殺した。

【洲本5人刺殺事件】洲本市で2015年3月9日、平野達彦被告(45)が自宅近くの住宅2軒を襲い、当時59~84歳の男女5人をサバイバルナイフで殺害したとされる事件。被告は10年12月、精神疾患により自分や他人を傷つける恐れがあるとして、行政が強制的に治療を受けさせる「措置入院」の対象となり明石市内の病院に入院。その後も入退院を繰り返し、事件前に実家に戻っていた。事件を受け、措置入院患者の退院後の見守りの在り方が議論となり、兵庫県が退院後の継続支援の体制などを整えるきっかけにもなった。

2020/1/27

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ