連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
平野毅さんらの遺体が見つかった民家。周辺は規制線が張られている=14日午後5時31分、洲本市中川原町中川原
拡大
平野毅さんらの遺体が見つかった民家。周辺は規制線が張られている=14日午後5時31分、洲本市中川原町中川原

 兵庫県洲本市で男女5人が刺されて死亡した事件で、無職平野達彦容疑者(40)=殺人容疑で送検=の自宅から押収されたサバイバルナイフを鑑定したところ、血液反応が検出されたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警はさらに鑑定を進め、被害者のDNA型と一致するかどうか調べる。

 司法解剖の結果、殺害されたとみられる平野毅(たけし)さん(82)夫婦の死因は失血死で、ともに約30カ所の刺し傷などがあったことも判明。ナイフの刃と傷の形状に矛盾はなく、県警は同様の傷があった平野浩之さん(62)ら親子3人も含めて、このナイフが使われたとみている。

 県警によると、毅さん夫婦の死亡推定時刻はいずれも9日午前5時ごろ。2人とも胸を中心に傷があり、抵抗した際にできる防御創もあった。妻恒子さん(79)の傷は心臓に達していたという。遺体は母屋と離れにある寝室のベッドの上で見つかっており、就寝中に襲われた可能性が高い。

 浩之さんら3人の死亡推定時刻は同日午前7時15分ごろで、県警は、平野容疑者が毅さん夫婦を殺害した後、約100メートル離れた浩之さん宅を襲ったとみて、詳しい経緯を調べている。

2015/3/16

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ