連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

洲本5人刺殺事件

  • 印刷
殺人未遂容疑で逮捕された平野達彦容疑者の自宅=9日午後2時17分、洲本市中川原町中川原
拡大
殺人未遂容疑で逮捕された平野達彦容疑者の自宅=9日午後2時17分、洲本市中川原町中川原

 「地域にいること自体、知らなかった」。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された平野達彦容疑者(40)は長年、自宅で引きこもっていたとみられ、人間関係の深い地域の人々にも、ほとんど印象を残していなかった。

 近所の人によると、平野容疑者は父、祖母の3人暮らし。父、祖母は母屋、本人は離れに住んでいた。母親と弟は別の場所にいるという。

 幼いころを知る近所の男性は「弟を連れてよく遊びに来て、ラジコンなどを楽しんでいた。親が勤めに出る間、よく弟の面倒を見て、優しい子だなという印象だった」と振り返る。

 地元の小中学校を卒業後は神戸市内の私立高校に入学。高校によると、1、2年時の在校記録はあるが、3年時はなく、中退したとみられる。同校の教諭は「在校時にとりたてて大きな問題を起こしたりはしなかったと思う」と言う。

 「25年ほど前から顔も見ていない」「一番最近で顔を見たのは、回覧板を手渡しに行った10年前」と近所の人ら。近くの男性は「(平野容疑者は)学校でうまくいかず、引きこもりになったようだ。お父さんも息子のことは話さなかった」と語る。

 そんな平野容疑者が「ネット上で誹謗(ひぼう)中傷ばかり書き込んでいる」と地域で話題になり始めたのは4、5年前という。近所の女性は「(平野容疑者の)お父さんとの付き合いもあり、近所では文句を言う気もないし、しょうがないな、という感じだった」と話した。

2015/3/10

天気(6月18日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ