連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
拡大

 6434人が亡くなり、3人が行方不明のままの阪神・淡路大震災は17日、発生から丸18年を迎える。兵庫県内各地で催される追悼行事には東日本大震災の被災者も招かれ、鎮魂と連帯のメッセージを発信する。

 神戸市中央区の東遊園地では市民団体と市が「阪神淡路大震災1・17のつどい」を開催。地震が起きた午前5時46分に黙とうし、遺族らが献花する。東日本大震災の起きた午後2時46分にも黙とうし、夕方には「3・11」をかたどった竹灯籠に火を灯す。

 兵庫県などによる「1・17のつどい」は、同市中央区の人と防災未来センター前で午前11時50分からあり、関係者が「ひょうご安全の日宣言」を読み上げる。

 正午には各地の寺院や教会が鐘をつき、神戸港に入港する船が一斉に汽笛を鳴らす。民間の追悼行事は17日前後に約90件あり、学校や幼稚園の約1500校園が黙とうや防災訓練をする。

(木村信行)

2013/1/16

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ