連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

 自治体の枠を超えた広域災害の復興まちづくりについて、関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)が、近畿の弁護士や税理士、建築士らでつくるNPO「阪神・淡路まちづくり支援機構」(事務局・兵庫県弁護士会)と連携協定を結ぶ検討に入った。災害では複合的な法律トラブルが起きやすく、専門家チームを派遣し巡回相談や再建支援を担う。南海トラフ巨大地震に備え、図上訓練なども実施していく。

 支援機構は、阪神・淡路大震災を機に1996年、兵庫県と大阪府の弁護士や建築士、税理士、土地家屋調査士など6業種が業種の壁を超えて結成した全国初の専門家組織。その後、全国で同様の組織設立が相次いでいるが、行政との組織的な連携は初めてという。

 阪神・淡路では、地盤の移動に伴う土地境界問題やまちづくり、マンション再建など住民だけでは解決が難しい問題が噴出。支援機構が相談や調査を重ね、行政との折衝を担ってきた。

 支援機構は、2007年の新潟県中越沖地震、08年の岩手・宮城内陸地震を受け、各地の専門家組織とネットワークを整備。東日本大震災では「宮城県災害復興支援士業連絡会」を支援し、専門家組織のない岩手県、福島県には5回にわたりチームを派遣、巡回相談や実態調査を重ねている。復興手引書の作成や行政への提言活動にも乗り出した。

 関西広域連合事務局によると、阪神・淡路の復興に向けた活動に加え、東北での広域的な支援の成果を評価し、連携の枠組みを調整している。3月末までの調印を目指している。

 支援機構事務局長の津久井進弁護士は「互いの役割や限界を共有することで被災者の役に立ちたい。復興まちづくりで、行政と住民は対立関係になりがちだが、専門家の知恵を合意形成に役立ててほしい。災害に備える法律や体制の整備にも積極的に関わっていきたい」と話している。

(安藤文暁)

2013/1/18

天気(9月21日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ