連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

 東日本大震災の被災地で、被災者を主体とした復興活動に取り組む市民団体「東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター」(仙台市)世話人の村口至さん(72)が17日、神戸市中央区の市勤労会館で講演し、阪神・淡路大震災と比較しながら、被災地行政の問題点を指摘した。

 「阪神・淡路大震災救援・復興兵庫県民会議」が、1月17日に合わせて開催。村口さんはスライドを使いながら、東日本の被災状況を説明した。

 生活保護受給者の高い死亡率や、介護認定者が増加している現状などをデータで紹介。宮城県震災復興会議のメンバーに地元関係者が少ないなどの問題点を挙げた。

 阪神・淡路との比較では、兵庫県と宮城県の病院や保健所数を比較し、「宮城は公的設備が充実していない」と指摘。市民活動も兵庫の方が根付いているとし、阪神・淡路後に公的支援を求め盛り上がった運動を「その後の被災地援助につながった」と評価した。(小川 晶)

2013/1/17

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

  • 34℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ