連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

【特集】神戸・東須磨小 教員間暴行

  • 印刷
冨江英俊さん
拡大
冨江英俊さん

■私学含めた人事交流、育成を

 「言葉にならない」のひと言。東須磨小はもはや、組織の体をなしていなかったのだろう。

 これまで学校組織は、いわゆる「鍋ぶた型」というものだった。鍋のつまみのところは校長と教頭。あとはベテランだろうが、新卒だろうが、一緒の「先生」。それなりにやってきたと思うが、先生を取り巻く環境は大きく変わった。

 部活の指導、多様化する保護者、子どもへのきめ細かい対応、膨大な事務作業…。いわゆる「多忙化」時代となり、「なんとか効率よく」と組織化が求められるようになった。

 そこで、校長、副校長、教頭、主幹教諭など、一般企業のようなピラミッド型に近い形になった。しかし、およそこれがうまく機能していたとは思えない。

 依然、鍋ぶた型の文化が残っていて、互いを尊敬して助け合うのではなく、勘違いした教員に力が集中してしまったような気もする。そもそも教員文化は「相互不干渉主義」と言われ、見て見ぬふりの個人商店。

組織にはなりにくい。

 もっと早く、組合に訴えたり、教員が相談できるホットラインのようなものがあったら防げたのか。

 神戸ではこれまでも神戸高塚高校の校門圧死事件や、連続児童殺傷事件など、世間を震撼(しんかん)させる事件が起きた。ファッショナブルな観光地はほんの一面。街の性格としては「所帯の大きな多面体」ではないか。

 私学も含め教員の人事交流や人材育成など、神戸ならではの教育の知恵が求められる。このままでは、神戸の公立学校に優秀な人材が来てくれなくなるだろう。危機感を持たなければいけない。(聞き手・鈴木久仁子)

【とみえ・ひでとし】関西学院大学教育学部教授。1970年、大津市生まれ。専門は教育社会学・道徳教育。

    ◇     ◇

 さまざまな分野の方に聞くリレーインタビュー「先生はいま 私の考え」は随時、掲載します。

2019/11/29

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ