連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

【特集】神戸・東須磨小 教員間暴行

  • 印刷
神戸市教委などが制作する授業番組。7日から放送が始まる=神戸市中央区東川崎町1(撮影・三津山朋彦)
拡大
神戸市教委などが制作する授業番組。7日から放送が始まる=神戸市中央区東川崎町1(撮影・三津山朋彦)

 「中世とはどのような時代だったんでしょうか」

 5月1日、神戸ハーバーランドの神戸市総合教育センター。サンテレビの小中学生用テレビ授業「おうちDEまなぼう」が収録された。

 この日は、中学2年の社会科。平安末期から室町初期まで、約150年間を15分で駆け抜けた。50分授業の5回分に相当する。

 先生役は同市教育委員会教科指導課の2人。堀井健史課長は「家庭のインターネット環境に差があり、オンライン授業は始められない。テレビなら全家庭にあるはず」と狙いを語る。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、一気に注目されるオンライン授業。しかし、公立校ではままならない。文部科学省によると、全国の教育委員会で同時双方向型のオンライン指導ができるのは5%にとどまる。兵庫県はゼロだった。

 同市教委は番組のほかネット教材も用意した。ネット環境のない家庭向けに、学校所有のパソコン(PC)やルーターを集め、小6~中3(約4万5千人)で使えるめどはたった。

 「やっとスタートライン」と市教委。すでに休校開始から約2カ月。家庭に届くにはあと2週間かかる。

     ◆

 全国1816団体中、神戸市は1665位。

 19年3月の文科省調査によると、教育用コンピューター1台当たりの児童生徒数は神戸市は8・9人。全国平均(5・4人)を下回り、市区町村など学校設置者の中でも最下位グループに位置する。

 神戸市が、教育のICT(情報通信技術)化を進めるようになったのは最近だ。16年、ICT活用重点推進校に小中3校を指定。19年3月に5カ年の「ICT学習環境整備計画」を作ったばかりだった。

 学校や児童生徒の数が多く、阪神・淡路大震災後の財政難が続いた同市。前述の計画でさえ、予算の都合で児童生徒のPC配備は盛り込まれなかった。

 心理的な壁もあった。

 「神戸の教育は、仲間作りや集団生活などに力を入れてきた」

 市内の元校長は振り返る。教師が黒板にチョークで書いて教え、同じ方向を向いた子どもたちが一斉に写す。教師の人間力で授業を引っ張る。そのスタイルにこだわってきた。

 「教育ICTには子ども個々人の力を伸ばす強みがある。その長所を見極められなかった」

     ◆

 私学の動きは早い。パソコン雑誌出版のアスキー(東京)の創業者・西和彦氏が学園長を務める須磨学園中・高等学校(神戸市須磨区)。全生徒が制服ならぬ「制パソコン」と「制スマホ」を持つ。

 五つの動画配信ソフトを使い分け、生徒は自宅で教師とやりとりし、授業を受ける。同学園は「平常通りの時間割」と胸を張る。

 オンライン学習への保護者の期待は大きい。神戸市教委の竹森永敏学校支援部長は「5カ年計画と別枠で、まずは、1人1台のPC整備を急がないといけない」と焦る。

 学校再開後にも触れた。「学習格差が広がる中、一斉授業では対応しきれない。一人一人に寄り添うためにもICTの力を使う」。教室の風景はいや応なく変わっていく。(井上 駿)

     ◆  ◆

<みんなで考えよう これからの学校>先生や学校について、意見や提案をお寄せください。メールはhoudou@kobe‐np.co.jp、ファクス078・360・5501

2020/5/5

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ