医療

長寿の作法
医療や福祉現場で活躍する人々が、健康寿命を延ばす工夫を紹介します。
  • 印刷
寺尾純二さん
拡大
寺尾純二さん
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 健康長寿を阻む大きな要因は、呼吸で体内に取り込む酸素です。酸素の一部が活性化し、活性酸素になって細胞を傷つける「酸化ストレス」が、障害や疾病の発生と関係しているとされています。

 活性酸素を増やすのは、直接・受動喫煙、薬物や過食、窒素酸化物をはじめとする大気汚染物質、過度の運動、紫外線、職場でのストレスなどです。こうした生活をできるだけ避けたいものです。

 それでも、人間は呼吸をする生き物。活性酸素が悪さをするのは、宿命とも言えます。ゆえに、生体にはあらかじめ、活性酸素の悪さに抵抗する酵素が備わっています。酸化ストレスが少ないうちは、この抗酸化酵素が正常に働き、生体の防御力が保たれるのです。

 問題なのは、酵素による防御が及ばないほど、酸化ストレスが増大したときです。動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病、がんといった生活習慣病に至る恐れがあります。

 だから、いろいろな野菜や果物を食べ、抗酸化物質を補う必要があるのです。ビタミンC、ビタミンE、βカロテンに代表されるカロテノイド、ポリフェノールの一種のフラボノイド、イオウ化合物などが、それに当たります。

 特に私が注目しているのが、タマネギの色素にあるフラボノイド「ケルセチン」で、動脈硬化を誘発する炎症を抑えるほか、うつ病や筋萎縮の予防も期待できます。また、ニンジンのβカロテンは皮膚に蓄積して紫外線をガードし、老化を遅らせるのです。

 抗酸化物質をたくさん取れば良いといっても、サプリメントに頼りすぎるのはいけません。過去の研究では、喫煙者らにβカロテンをサプリメントで大量に投与したところ肺がんにかかる率が増えた-とのデータが示されています。つまり、抗酸化物質のサプリメントを多く摂取しても、必ずしも健康長寿に結びつくとは限りません。

 サプリメントの有効性に疑問符がつく理由は、十分に解明されていません。ただ、酸化ストレスは全身で発生しているので、人体のどこかで副作用的なことが起きている可能性はあります。

 だから、いろんな物を、少しずつ食べて、適量の抗酸化物質を体中に行き渡らせる必要があると考えます。

 もちろん、炭水化物やタンパク質、脂質などを含む栄養バランスや、適度な運動が前提です。それを理解した上で、おかずにもう1品、果物や野菜を加えてはいかがでしょうか。(聞き手・佐藤健介、協力・兵庫県予防医学協会)

 【てらお・じゅんじ】1951年、岡山市生まれ。京都大学大学院農学研究科食品工学専攻修了。農林水産省研究室長や徳島大学医学部栄養学科長などを経て2016年から現職。来春開設の甲南女子大医療栄養学部で医療栄養学科長に就任予定。食品の抗酸化作用の研究で実績を残す。

寺尾さんが勧める三つの作法

一、いろんな野菜と果物から抗酸化物質を摂取

一、炭水化物やタンパク質など栄養バランスも重視

一、サプリメントに頼りすぎない

酸化ストレス

  呼吸で取り込んだ酸素の一部を使ってエネルギーを作る際に生じる「活性酸素」が過剰に働き、健康な細胞を傷つける。原因は喫煙、大気汚染、紫外線、激しすぎる運動などで、生活習慣病を引き起こすとされる。

長寿の作法の新着写真
長寿の作法の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ