医療

長寿の作法
医療や福祉現場で活躍する人々が、健康寿命を延ばす工夫を紹介します。
  • 印刷
平田健一さん
拡大
平田健一さん
動脈硬化のない血管(上)に比べ、動脈硬化の進んだ血管(下)は内部が細くなっていることがよく分かる(平田健一副病院長提供)
拡大
動脈硬化のない血管(上)に比べ、動脈硬化の進んだ血管(下)は内部が細くなっていることがよく分かる(平田健一副病院長提供)

 「人の老化は血管の老化から始まる」とも言われるように、健康長寿にとって血管を若々しく保つことは大切です。つまり、動脈硬化を起こさないようにする、ということです。

 やっかいなのが、動脈硬化そのものには自覚症状がない点です。検査をすれば分かるので、定期的に受けることをお勧めします。放っておくと血管が狭くなって血流が悪くなり、足がしびれたり、胸が苦しくなったり、めまいがしたりします。さらに悪化すると、心筋梗塞や脳梗塞につながってしまいます。

 動脈硬化は血圧が高くなったり、たばこを吸ったりすることで、血管の「内皮細胞」に傷が入ることから始まります。傷を治そうとして炎症が起きると、血管がさびついたような状態になり、徐々に“ごみ”が付き始める。その代表例がコレステロールです。最初のうちは「マクロファージ」という細胞が食べて処理してくれますが、処理しきれなくなると古いコレステロールが血管の壁にたまり、狭くなっていきます。

 医療の進歩によって、心筋梗塞や脳梗塞になっても命は助かるケースが増えていますが、入退院を繰り返したり、日常生活に復帰できなかったりする場合も増えています。介護などを必要としない健康寿命と平均寿命の間には10年近いギャップがありますが、そこには動脈硬化も大きく影響していると言えます。

 予防に欠かせないのは、やはり生活習慣の見直しです。食事なら、欧米風よりも魚と野菜を中心とする和食がいい。脂肪分や塩分の取り過ぎには注意が必要ですが、青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった脂肪は動脈硬化防止に効果的とされます。食物繊維もしっかりと摂取してください。

 適度な運動も重要です。散歩や自転車などで1日30分程度の運動をするのが理想的ですが、ポイントは日常生活の中で、無理なく体を動かすこと。例えば家にいるときに、立ったり座ったりするのも運動の一つです。

 たばこは「もってのほか」ですが、実は精神的なストレスもよくありません。血圧が上がったり脈が速くなったりすると、血管に負荷がかかって動脈硬化につながります。できるだけ楽観的に物事を考え、嫌なことがあってもくよくよしない。毎日楽しく、笑って過ごしましょう。(聞き手・田中陽一、協力・兵庫県予防医学協会)

 【ひらた・けんいち】1958年、三田市生まれ。神戸大大学院医学研究科修了。専門は循環器内科学。2007年に同研究科教授、11年から神大医学部付属病院副病院長。日本循環器学会、日本動脈硬化学会などの理事も務める。

平田さんが勧める三つの作法

一、食事はバランスよく。偏りや太りすぎには注意を

一、日常生活の中で適度に体を動かすよう心掛ける

一、たばこは禁物。ストレスも避けよう

動脈硬化の検査

  一般的な健康診断では検査項目に入っていないことも多く、気になる場合は病院で検査を。頸(けい)動脈をエコーで見たり、専用機器で四肢の脈波を測定したり、上腕を圧迫した後に動脈の拡張を調べたりする手法がある。

長寿の作法の新着写真
長寿の作法の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ