医療

長寿の作法
医療や福祉現場で活躍する人々が、健康寿命を延ばす工夫を紹介します。
  • 印刷
楊鴻生さん
拡大
楊鴻生さん
正常な骨の模型(右)に対し、骨粗しょう症の骨(左)は外縁部が薄く、中もスカスカ
拡大
正常な骨の模型(右)に対し、骨粗しょう症の骨(左)は外縁部が薄く、中もスカスカ

 高齢化が進む日本で増え続けているのが、骨がスカスカになって折れやすくなる「骨粗しょう症」です。寝たきりにつながる危険性もある病気で、国内の患者数は推計で約1300万人に上ります。

 自覚症状がなく知らないうちに進行するため、骨が折れたり、脊椎が痛んだりしてから初めて気付くことも少なくありません。そこでポイントになってくるのが早期発見です。若い頃に比べて身長が4センチ以上低下したり、腰が曲がるなど姿勢が悪くなってきたりしたら、検査が必要です。

 骨が折れやすくなる65歳前後に骨密度を測定することもお勧めします。目安は20~40歳の平均値に比べ、70%を切っているかどうかです。女性は骨を守るホルモンが閉経後に急速に減るので、50歳ごろにも一度検査を受け、変化を把握するとよいでしょう。

 骨粗しょう症の中にはリウマチや糖尿病といった別の病気や、遺伝的な要因が引き金となっているケースもありますが、食生活や生活習慣が原因の場合、予防は可能です。

 食生活では、骨のもとになるカルシウムはもちろん、ビタミンD、K、Cや食物繊維、タンパク質など多様な栄養素を取ることが欠かせません。カルシウムは吸収率が高い乳製品を中心に、魚介や大豆、野菜から満遍なく摂取しましょう。アルコールを飲み過ぎると利尿作用によりカルシウムが体から排せつされたり、胃が荒れてカルシウムやビタミンの吸収が悪くなったりするのでご注意を。

 運動不足の解消や姿勢の改善も重要です。私たちの調査では、1日の歩数が7千歩を切ると骨の量が減ることが分かっています。カルシウムの吸収をよくするビタミンDは皮膚でも作られているので、日光を浴びながら散歩をするのはより効果的と言えます。

 背中を伸ばす体操は、姿勢の改善や骨を支える筋力の維持に役立ちます。例えば、いすに深く腰をかけて頭の後ろで手を組み、深呼吸をしながらゆっくりと両腕を開いて背中をそらせる▽四つんばいになり、腰を後方に突きだして腕と背中をそらせる-などが挙げられます。

 「骨折しても手術をすれば大丈夫」と思われるかもしれませんが、どれほど優れた手術をしても機能面の低下は避けられません。健康長寿とは「自らの意志で助けを借りずに好きな所へ行けること」だと思います。そのためにも、骨を中心とする運動器を若く保つことが大切です。(聞き手・田中陽一、協力・兵庫県予防医学協会)

【よう・こうせい】1948年、神戸市中央区出身。信州大医学部卒。カナダ留学や兵庫医科大助教授、同大ささやま医療センター整形外科診療部長などを経て、2018年4月から現職。日本骨粗鬆(しょう)症学会で長く理事、監事を務めた。現在は兵庫骨粗鬆症懇話会代表世話人にも就く。

楊さんが勧める三つの作法

一、毎日歩く。可能なら1日7千歩を目標に

一、痛みの出ない範囲で毎日背中を伸ばす体操を

一、毎日ヨーグルトで効率よくカルシウムを摂取

骨密度の測定

 大腿(だいたい)骨や背骨に2種類のエネルギーによるエックス線を照射し、透過度の解析から骨密度を算出する「DXA法」が最も正確。ほかに、かかとの骨に超音波を当てる「QUS法」や、手のエックス線画像から判断する「MD(RA)法」などがある。

長寿の作法の新着写真
長寿の作法の最新
もっと見る

天気(11月30日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 12℃
  • 6℃
  • 30%

  • 15℃
  • 8℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ