連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
太陽光を集める装置で採火を試みる園児ら=9日午後、神戸市中央区脇浜海岸通1(撮影・辰巳直之)
拡大
太陽光を集める装置で採火を試みる園児ら=9日午後、神戸市中央区脇浜海岸通1(撮影・辰巳直之)

 阪神・淡路大震災の経験と教訓をつなぐ「追悼の灯り」の採火式が9日、神戸市中央区の人と防災未来センター前で開かれた。「みのり認定こども園」(同区)の園児23人が災害に立ち向かうメッセージを読み上げ、太陽の光からトーチに火をともした。

 採火式は2005年に始まり、5年ごとに開かれる。

 園児たちは「地震は怖い、津波も怖い。でも負けないぞ。みんなで力を合わせて頑張ります」などと声を合わせた。園児2人が、太陽光を集める装置で採火に挑戦した。

 太陽は雲に覆われて姿を現さず、やきもきしながら待った園児たち。ようやくトーチに火がともると、歓声を上げた。火はランタンに移され、17日の追悼式典まで保管される。採火に挑戦した2人は「なかなか火がつかなくて大変だったけど、上手にできた」。

 灯りは17日、兵庫県公館(同市中央区)とHAT神戸(同)の2会場で、1995年生まれの若者2人の手で犠牲者のために献灯される。(村上晃宏)

2020/1/9

天気(9月29日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 26℃
  • 14℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ