連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
林さん一家から譲り受け、餅つき大会で使われる木臼。東日本大震災の被災地を支援しようと購入された=芦屋市陽光町
拡大
林さん一家から譲り受け、餅つき大会で使われる木臼。東日本大震災の被災地を支援しようと購入された=芦屋市陽光町
林信之さん
拡大
林信之さん

 兵庫県芦屋市の南芦屋浜地区にある阪神・淡路大震災の復興住宅で19日、餅つき大会が開かれる。今年は住宅の生活援助員(LSA)を通じて、神戸の被災者から木臼を譲り受けた。東日本大震災の被災地を支援しようと購入された物で、地域の絆づくりに役立てられる。

 木臼は神戸市兵庫区の太極拳講師、林信之さん(故人)が所有していた。妻の裕美子さん(66)によると、年末年始に餅をつき、家族や教え子、近隣住民ら20人以上が臼を囲んだ。

 一家は阪神・淡路大震災で被災し、自宅は全壊。信之さんは避難所の小学校に出向いて太極拳を教えたり、教え子に物資を届けたりした。東日本大震災の後は、福島県田村市で作られたケヤキの木臼を手に入れ、自宅前の通りに威勢の良い掛け声が響いたという。

 だが、信之さんに胃がんが見つかり、昨年2月に帰らぬ人となった。「また餅つきをしたい」と家族に話していたといい、臼を提供した裕美子さんは「同じ被災した人に使ってもらえてありがたい。夫も喜んでいると思う」と話す。19日も会場に足を運ぶつもりだ。

 餅つきは地元自治会や高齢者福祉施設などでつくる「潮芦屋ふれあい元気の会」が主催し、同日午前10時半から。およそ8年ぶりに県営南芦屋浜高層住宅集会所前で行われる。芦屋市営南芦屋浜団地集会所LSA TEL0797・38・2068

(風斗雅博)

2020/1/16

天気(9月29日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 26℃
  • 14℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ