連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
島谷和則さんの遺影を携えて記者会見に応じた妻(左)ら=15日午前、神戸市中央区橘通3、神戸市婦人会館(撮影・田中宏樹)
拡大
島谷和則さんの遺影を携えて記者会見に応じた妻(左)ら=15日午前、神戸市中央区橘通3、神戸市婦人会館(撮影・田中宏樹)

 阪神・淡路大震災で兵庫県明石市職員としてがれき収集などに従事し、アスベスト(石綿)が原因とされる悪性腹膜中皮腫で2013年10月に亡くなった島谷和則さん=当時(49)=の妻(54)が15日、公務災害認定の可否を判断する「地方公務員災害補償基金」(東京)を相手取り、公務災害認定を求める訴訟を神戸地裁に起こした。支援団体によると、同震災の復旧作業に従事した地方公務員の石綿疾患を巡り、公務災害認定を求める訴訟は初めて。

 島谷さんは1991年4月、明石市に採用され、震災後は石綿を含む建築廃材などのがれきを収集。12年6月に悪性腹膜中皮腫と診断され、12年8月に同基金兵庫県支部に公務災害認定を請求した。しかし、14年3月に同支部は「公務外の災害」とした。遺族側は14年5月、不服として同支部審査会に審査請求したが、棄却された。17年8月に再審査を請求している。

 訴状などで遺族側は「石綿にさらされる作業の従事期間は、震災対応の時期以外も含めて1年以上あり、認定基準を満たす」と主張しており、公務外の災害とした同支部の処分は「違法」として取り消しを求めている。同基金は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

2018/1/15

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ