連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
被災地での中高生のボランティア活動を紹介する諏訪清二さん=相生市双葉1
拡大
被災地での中高生のボランティア活動を紹介する諏訪清二さん=相生市双葉1

 阪神・淡路大震災から23年となるのを前に、教訓を中学生に伝える講演会が16日、兵庫県相生市双葉1の双葉中学校であった。県立舞子高校環境防災科の初代科長だった諏訪清二さん(57)=神戸市西区=が、被災地での中高生のボランティア活動を紹介した。

 諏訪さんは、県西・北部豪雨や東日本大震災などの被災地で生徒らとボランティア活動を続けた。約1年前に退職し、全国で防災教育の普及を進める講演をしている。

 ボランティアについて「阪神・淡路では、避難所で黙って壁を見つめていたお年寄りに高校生が話し掛けて元気付けた。東日本では、子どもたちと一緒に遊んで笑顔を取り戻した」と実例を紹介。「必要なのは力仕事だけじゃない。自分ができることをすればいい」と訴えた。

 最後に「人の役に立つには自分が被災者になってはいけない。防災を学んでほしい」と力を込めた。

 同校2年の生徒(14)は「人と会話することが好きなので、もし被災地に行ったら、悲しい気持ちが和むように優しく話し掛けたい」と感想を語った。(敏蔭潤子)

2018/1/16

天気(7月18日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 70%

  • 29℃
  • 23℃
  • 70%

  • 32℃
  • 23℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ