連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

【特集】ニュース解く説く TOKTOK

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた業界を支援する「Go To キャンペーン」。直前に実施範囲が「東京以外」に変わるなど波乱の中で、「トラベル」事業が22日に始まりました。制度が一部定まっていない部分もありますが、割引の仕組みや旅行の対象はどのようなものなのでしょうか。(今福寛子)

■値引きは実質35%

 Go To キャンペーンは「トラベル」のほか、飲食店で使えるポイントを付与したり、食事券を発行したりする「イート」、コンサートやスポーツなどのチケット購入者にクーポンを配布する「イベント」、商店街の行事を後押しする「商店街」の4種類です。トラベルは夏休みに合わせていち早く始まりました。あとの三つの開始日はまだ決まっていません。

 トラベルの対象となるのは、7月22日以降に出発する国内旅行。個人旅行だけでなく、修学旅行や職場旅行のような団体も対象ですが、国は感染リスクが高い若者や高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は控えるように求めています。

 「旅行代金の半額支援」とうたわれていますが、半額が現金で返ってくるわけではありません。代金の35%が宿泊費などから値引きされ、15%が旅先での飲食や土産代などに使える地域共通クーポンとして配布されます。

 しかし、クーポンが配布されるのは「9月以降」としか決まっていません。それまでに旅行した場合は、クーポンは使えず旅行代金の35%引きしか受けられないことになります。

■補助額上限1人1泊2万円 期間中何度でも

 泊まりがけの場合、宿と交通機関がセットになったプランか、宿泊代のみに割引が適用され、交通機関だけを利用した場合は適用されません。クルーズ船や夜行フェリー、寝台列車なども対象に含まれます。

 日帰りは、航空機や鉄道、高速バスなどによる往復の移動に加えて、果物狩りや現地での体験ツアー、グルメなどがセットになったプランが対象になります。

 補助額の上限は宿泊が1人1泊当たり2万円、日帰りは1万円です。例えば、1泊2日で1人2万円の旅行をした場合、7千円の旅行代金割引と3千円分のクーポンがもらえます。連泊や使用回数に制限はなく、キャンペーン期間なら何度でも利用できます。

 申し込みは、旅行会社の店舗やホームページ、インターネットの予約サイトのほか、ホテルや旅館で直接予約することも可能で、旅行代金から自動的に割引されます。

 7月27日から順次、旅行会社の窓口や予約サイトから対象となるツアーが販売される予定です。終了時期は来年1月末が目安です。

 すでに予約している8月31日までの旅行も対象になります。旅行会社を通した場合は、会社から割引分が還付されます。ホテルや旅館などに直接支払った場合、宿泊証明書と領収書を宿に発行してもらい、トラベル事業事務局の公式サイトからダウンロードした申請書などとともに、事務局に郵送します。郵送代は自己負担。その後、指定した口座に還付分が振り込まれます。オンラインでも申請できます。

■都内観光は×、都内経由は○

 東京都を目的とした旅行や都民の旅行は、当面の間キャンペーンから除外されます。宿泊先が千葉県でも東京都墨田区の東京スカイツリーなど都内観光が含まれているツアーは適用外。神戸市在住の人が千葉県に泊まって東京ディズニーランド(浦安市)へ行くために東京駅を経由するのは問題ありません。

 「都民」かどうかは予約の際に住所を自己申告し、宿泊先でチェックインする際に運転免許証などで住所を確認することになっています。

 また、東京の除外に伴って、事業開始を発表した7月10日から17日までに旅行を予約した人のキャンセル料は、支払いが免除されます。

 キャンペーンに参加する観光事業者は登録制で、国は感染防止対策の徹底を求めています。宿泊施設には旅行者全員の検温や大浴場など共用施設の人数制限などを義務づけ、対策が不十分な場合は登録が取り消されます。

 旅行者には新しい旅のエチケットを推奨しています。検温や本人確認に応じない場合などは補助が受けられないこともあります。

 ここまで迷走を重ねた事業。さらに、今後内容が変更になるかもしれませんので、旅行会社の説明や国の発表などを確認してください。

2020/7/26

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ