連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
訪問診療する武村義人医師(右)と話す堀田秀夫さん=神戸市中央区
訪問診療する武村義人医師(右)と話す堀田秀夫さん=神戸市中央区

 神戸市の借り上げ復興住宅のうち、31日から順次、返還期限を迎える民間所有の住宅。高齢などで市の入居継続要件を満たす31世帯も転居を余儀なくされ、医師らは「無理な転居は命に関わる」と危機感を抱く。

 同市中央区にある民間所有の住宅は2018年3月下旬が期限で、既に全24戸の半分以上の郵便受けがふさがれている。11月に引っ越し作業中だった住民の女性(75)によると、全員が転居を求められているが、「残っているのは寝たきりや病院通いの人ばかり」と案じる。

2016/12/25

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ