連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
阪神・淡路大震災時の映像が映し出されたニューイヤーコンサート=西宮市甲東園2
拡大
阪神・淡路大震災時の映像が映し出されたニューイヤーコンサート=西宮市甲東園2

 パイプオルガンの魅力を伝える「ニューイヤーコンサート」が7日、兵庫県西宮市甲東園2の仁川学院であった。1995年の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた同校の写真をスクリーンに投影。被災者に思いをはせた曲も披露した。(山脇未菜美)

 2007年から始め、11回目。オルガニストの堀江光一さんが演奏。同校出身でオルガン職人の大久保壮介さんが、パイプオルガンの歴史や構造を説明した。

 震災で小中高校の校舎が損壊、特に高校と体育館の被害が大きかった。また、当時同校小学2年だった女児が亡くなった。

 当時の状況について授業で伝えてきたが、震災を具体的にイメージできない子どもが多く、コンサートで震災当時の写真を公開することにした。

 「後遺症に悩まされている人や、今も心傷付いている人がたくさんいる」と田端孝之学院長(55)。大型スクリーンに、棚が散乱する教室や図書館、倒壊したマリア像などの写真が映し出され、パイプオルガンでバッハの「アリオーソ」を奏でて被災者に祈りをささげた。

2017/1/8

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ