連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
地震から身を守る訓練をする店員たち=神戸市中央区雲井通6、ダイエー神戸三宮店(撮影・風斗雅博)
拡大
地震から身を守る訓練をする店員たち=神戸市中央区雲井通6、ダイエー神戸三宮店(撮影・風斗雅博)

 ダイエー(本店・神戸市中央区)は17日、姿勢を低くするなど地震の揺れから身を守る行動を一斉に取る「シェイクアウト訓練」を、神戸市内の全21店で行った。

 毎年1月に実施し3回目。神戸三宮店では、午前10時の館内放送を合図に従業員約50人がその場でしゃがみ込み、買い物かごを頭にかぶる姿勢を1分間続けた。同市東灘区の自宅で被災した従業員の女性(26)は「お客さまを守る行動を普段から心掛けたい」。

 生活協同組合コープこうべ(同市東灘区)も全161店で、午前10時からシェイクアウト訓練を実施。正午から黙とうを行った。

 関西スーパーマーケット(伊丹市)も神戸、西宮市内の計15店で正午に黙とうした。(長尾亮太)

2017/1/17

天気(5月27日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ