連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
「しあわせ運べるように」を合唱する真陽小児童ら=神戸市長田区二葉町4
拡大
「しあわせ運べるように」を合唱する真陽小児童ら=神戸市長田区二葉町4

 震災で多くの店舗が倒壊するなどした西神戸センター街(神戸市長田区)で17日、震災復興フリーライブ「ONE HEART」が開かれた。アーケード内で約200人が、地元小学校の児童らの歌声に聴き入った。

 同センター街には約60店舗が並んでいたが、震災により倒壊するなどの被害に遭った。そこで2005年から毎年、復興や犠牲者の追悼、地域の活性化を願うライブを続けており、13回目となる

 午後5時46分、黙とうの後、開演。真陽小児童ら約40人が「しあわせ運べるように」を合唱した。その後、タレント松村邦洋さんや神戸発のアイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」も登場し、会場を盛り上げた。

 同センター街親交会の田中豪人(ひでひと)会長(71)は「苦境は続くが、にぎわいづくりのためライブを続けたい」と話した。(小西隆久)

2017/1/17

天気(7月22日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ