連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
鳥居が倒れるなどの被害があった湊川神社周辺を歩く参加者ら=神戸市中央区多聞通3(撮影・笠原次郎)
拡大
鳥居が倒れるなどの被害があった湊川神社周辺を歩く参加者ら=神戸市中央区多聞通3(撮影・笠原次郎)

 震災で大きな被害を受けた神戸、西宮、芦屋市を巡り、当時を追想する「1・17ひょうごメモリアルウォーク」が17日、開かれた。2~15キロの6コースに計約2800人が参加。当時の街並みを思い浮かべながら、ゴールのHAT神戸(神戸市中央区)を目指した。

 県などでつくる実行委員会が主催し、17回目。同市立中央体育館前などから出発、避難経路の確認や保存食の配布もあった。

 いとこを亡くした男性(70)=同市兵庫区=は、神戸元町商店街を歩きながら「復興は早かったけど、震災前のにぎわいは戻らないなぁ」とため息。友人を失った女性(66)=同市垂水区=は、東遊園地で銘板をなで「年に一度の再会」と目を細めた。

 フリースクール「For Life(フォーライフ)」(同市垂水区)からは12~17歳の10人が参加。ゴール後、職員の男性(36)は「子どもたちは震災の記憶を必死にたどることができたのでは」と話した。(井上 駿)

2017/1/17

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ