連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(HANDS)」のメンバーと作業する水崎さん(右端)=神戸市中央区、東遊園地
拡大
NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(HANDS)」のメンバーと作業する水崎さん(右端)=神戸市中央区、東遊園地
NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(HANDS)」のメンバーと交流する女優の水崎綾女さん=神戸市中央区、東遊園地
拡大
NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(HANDS)」のメンバーと交流する女優の水崎綾女さん=神戸市中央区、東遊園地

 阪神・淡路大震災で被災した女優の水崎(みさき)綾女さん(27)が16日、追悼の集いが行われる神戸・三宮の東遊園地でボランティアとして設営準備などを手伝った。14歳で上京後、神戸で集いに参加するのは初めて。「ようやくこの日を神戸で迎えることができた」と話した。

 水崎さんは5歳のころ神戸市中央区で被災。避難所で1年、仮設住宅で4年間を過ごした。2004年に芸能界入りし、舞台や映画などで活躍している。

 水崎さんは、神港学園高校(神戸市中央区)の生徒らと雪像づくりに取り組んだ。その後、NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り(HANDS)」のメンバーらと交流し、自身の被災体験などを語った。

 17日も東遊園地でボランティアとして集いの運営などを支える。(小西隆久)

2017/1/16

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ