連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

動画一覧へ
ろうそくを囲み、黙とうをささげる参加者ら=16日午後5時46分、伊丹市昆陽池3(撮影・笠原次郎)
拡大
ろうそくを囲み、黙とうをささげる参加者ら=16日午後5時46分、伊丹市昆陽池3(撮影・笠原次郎)

 兵庫県伊丹市の昆陽池公園で16日夕、阪神・淡路大震災の犠牲者と同じ数の6434本のろうそくがともされ、雨の中、約250人が静かに黙とうをささげた。

 ボランティア団体「ユー・アイ・アソシエーション」(赤松弘揮代表)が、震災の翌年から続ける追悼行事。今年のテーマは「架ける」。ろうそくでつり橋や手をつなぐ人を描き、未来への「思いの架け橋」を表現した。

 ろうそくは地震が発生した時刻の17日午前5時46分までともし続ける。(土井秀人)

2017/1/16

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ