連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

わかる!ナットク

  • 印刷
ファンサービスにも熱心なルーカス・ポドルスキ選手。世界を驚かせてきた左足シュートで神戸を上位に導けるか=神戸市西区、いぶきの森球技場(撮影・吉田敦史)
拡大
ファンサービスにも熱心なルーカス・ポドルスキ選手。世界を驚かせてきた左足シュートで神戸を上位に導けるか=神戸市西区、いぶきの森球技場(撮影・吉田敦史)
移籍加入会見の最後に用意されたケーキを、まずカメラマンに勧めたポドルスキ選手=神戸市中央区(撮影・吉田敦史)
拡大
移籍加入会見の最後に用意されたケーキを、まずカメラマンに勧めたポドルスキ選手=神戸市中央区(撮影・吉田敦史)

 サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸に、元ドイツ代表のスター、ルーカス・ポドルスキ選手(32)が加わった。ヴィッセルの関係者によると、年俸は推定6億円にも上る。なぜ世界的な大物が日本に? サポーターならずとも獲得の背景や経緯が話題になっている。(有島弘記)

 -どんな選手なの?

 「サッカー選手なら誰もが憧れるワールドカップ(W杯)に3回も出ているんだ。しかも、2006年の地元ドイツ大会で最優秀若手選手に輝くと、14年のブラジル大会では優勝を経験。彼のポジションのフォワード(FW)は、前線に陣取って点を取ることが最大の仕事だけど、代表通算130試合で49得点は、W杯で4回優勝しているドイツの中でも歴代トップクラスなんだ。代表以外では、ドイツのバイエルン・ミュンヘンなど名門と呼ばれるクラブにいたんだよ」

 -なぜ、ヴィッセルが獲得できたの?

 「背景には、ヴィッセルの親会社・楽天の戦略があるんだ。日本発のIT企業としてサッカーを通じた世界展開を目指していて、16年には4年総額約280億円で、スペインの名門バルセロナのユニホームに会社のロゴマークが入る契約などをまとめたんだ。ヴィッセルも『アジアを代表するクラブを目指す』としているから、ポドルスキ選手はぜひとも欲しかったんだ」

 「ヴィッセルの会長でもある楽天・三木谷浩史会長兼社長は『日本人選手が海外に流出するのではなく、(Jリーグに)世界のスーパースターが来る流れになっていい』とも考えているんだ。日本は世界で3番目の経済大国。ポドルスキ選手に続く大物の獲得をJリーグ全体で目指そうというメッセージなんだ」

 -3月に獲得を発表したのに、来日が7月6日になったのは?

 「春と夏にある、日本の選手登録期間が関係している。春は3月31日までで、ヴィッセルは2月のリーグ開幕戦で昨年の得点王レアンドロ選手が大けがで離脱した。ポドルスキ選手に早く来てもらうため、所属していたトルコのクラブ・ガラタサライと交渉したけど、うまく行かなかった。トルコのリーグ戦は6月上旬に終わったけど、夏の登録の始まりが7月21日だから、この時期になったんだよ」

 -ヴィッセルに海外の有名選手が来るのは今回が初めてなの?

 「02年の日韓W杯で3得点したトルコのイルハン選手以来かな。04年に総額約7億円で加入したけど、けがで3試合しか出られず、得点もゼロ。別のクラブだけど、W杯でMVPに輝き、14年にセレッソ大阪に加入したウルグアイのフォルラン選手も期待通りの活躍ができず、その年のセレッソは2部に降格してしまったんだ」

 -ポドルスキ選手には活躍してもらわないと困るね。

 「ヴィッセルはリーグ戦の序盤に首位に立ったけど、現在は9位。得点力不足が課題だから、ポドルスキ選手がゴールを量産すれば、再浮上できるかもしれない。サポーターの期待は大きいよ」

2017/7/15

天気(10月22日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 20℃
  • 16℃
  • 70%

  • 24℃
  • 16℃
  • 70%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ