連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

わかる!ナットク

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 麻酔で痛みを和らげながら、出産する無痛分娩(ぶんべん)。出産後の疲労やストレスが少なく、産後の回復も早いことなどから、ニーズが高まり、全国的に取り組みが広がっています。しかし、神戸や京都、大阪では麻酔の誤注射などで母子が障害を負ったり、亡くなったりするケースが相次いでいます。無痛分娩は危ないのでしょうか。何が問題なのでしょうか。(篠原拓真)

 -無痛分娩とは?

 「無痛分娩では麻酔を使って出産の痛みを減らすんだ。全身麻酔などの方法があるけど、一般的には『硬膜外麻酔』を使用し、下半身の感覚だけ鈍くする方法が多い。出産の痛みは、子宮収縮や子宮出口の引き伸ばしなどで生じる刺激が、脊髄を通って脳に伝わることで猛烈な痛みを感じる。硬膜外麻酔による分娩では、脊髄近くにある『硬膜外腔(こう)』という場所に細い管を入れ、通常の手術の時よりも薄い麻酔を注入することで、脳へと痛みを伝える知覚神経の働きを抑えるんだ」

 -硬膜外麻酔による無痛分娩のメリットは?

 「激しい痛みを軽くすることで、血圧上昇や過呼吸といったストレスを減らし、体力を温存することが大きな利点。特に長時間を要する傾向がある高齢出産にはメリットがあると考えられている。使用する麻酔薬の量が少ないため、他の方法と比べて胎児への影響もほとんどないと言われているね」

 -デメリットは?

 「出産後に麻酔の影響で頭痛が生じたり、発熱を起こしたりすることがまれにある。麻酔との関連はまだわからないが、分娩の停滞や進行に遅れが発生することがある。そのため、薬を使った陣痛の促進や、器具を使い母親のいきみに合わせて引き出す『鉗子(かんし)分娩』、赤ちゃんの頭にカップを装着して吸い出す『吸引分娩』の可能性が増加するとも言われているんだ。適切に対応すれば問題ないけど、開始直後には母親の血圧低下、赤ちゃんの心拍数低下を引き起こす心配もあるんだ」

 -何が問題となっているの?

 「神戸や京都、大阪の産科医院で相次いだ医療事故は、いずれも医師が1人しかおらず、異変への対応に不備があったと考えられる。日本では無痛分娩へのニーズが高まり、出産を産科医1人で担う診療所でも取り入れていることがある。でも、一部の診療所では緊急事態に対応する体制が整っていなかったり、麻酔や異変に対処する技術が未熟だったりするため、重大な医療事故につながってしまっているんだ」

 -無痛分娩は危険だから、やめるべきなのかな?

 「そんなことはない。欧米では無痛分娩による出産が主流。米国を例に挙げると、妊婦がクリニックで検診し、分娩は担当医とともに大病院に移動して行うんだ。『オープンシステム』と言われるよ。設備のある病院に分娩を集約し、産婦人科医や麻酔科医などが24時間常駐して対応する。これなら人工的に陣痛を起こす計画分娩をする必要もないし、急な変化に対応しやすいよね。日本の病院でもオープンシステムを取り入れている病院はあるんだ。今日や明日にできる対策ではないけど、将来のためにも、早急に体制を整えないといけないね」

2017/7/29

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ