連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

わかる!ナットク

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 将棋の最年少棋士・藤井聡太(そうた)六段(15)も、4月から高校生。2月には朝日杯オープンで史上最年少優勝を果たし、五段から昇段しましたが、そういえば年明けには四段だったはず。プロ棋士の昇段って、どのような仕組みになっているのでしょうか。

 -棋士の段位はどう決めるの?

 「将棋のプロ棋士は四段からスタート。段位を上げるには、基本的に(1)順位戦で昇級(2)勝ち星を重ねる-という二つの道があるね」

 「まず(1)について。棋士になると名人を目指す順位戦に参加する。順位戦はA級からC級2組まで5段階に分かれ、1年がかりで戦うリーグ戦。新四段は最下位のC級2組に入り、上位3位以内の成績を挙げてC級1組に昇級すると五段に昇段する」

 -(2)の勝ち星による昇段って?

 「例えば四段で100勝すれば五段、五段になって120勝すれば六段昇段と細かいルールが定められている。八段から最高段位の九段になるには250勝が必要なんだ」

 -ほかに昇段する道は?

 「竜王戦ランキング戦での昇級、朝日杯のような全棋士参加棋戦での優勝など、段位ごとに昇段条件がある。棋士は段位で対局料などが違ってくるので、昇段に向け全力投球する。また、成績が悪くても段位が下がることはない。以前、棋士の段位は順位戦の成績のみで決められていたが、棋士の生活も考慮し、幅広い選択肢のある現在の規定になった」

 -「藤井四段」から「藤井六段」に昇段したのはどういう理由?

 「藤井さんは今期順位戦のC級2組に初参加し、2月1日の9回戦で無傷の9連勝。C級1組への昇級を確定させ、同日付で五段に昇段した。それから2月17日の朝日杯で優勝したことで、六段昇段を決めた。半月ほどの短い期間で連続昇段するというのは異例だが、トッププロも参加する朝日杯で佐藤天彦名人や羽生善治二冠、広瀬章人八段ら名だたる強豪を次々と下しての昇段で、文句なしといえるね」

 -七段への昇段も近いのかな。

 「藤井六段の場合、進行中の竜王戦5組ランキング戦であと2連勝し、4組昇級を決めるのが、七段への一番の早道。『六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝』という規定に該当する。日程は決まっていないが、早ければ5月上旬にも実現する」

 -名人に挑戦する日も遠くない?

 「いや、順位戦は1年を通じて、どれだけ優秀な成績でも1クラスしか上がらない。C級2組の棋士が名人に挑戦するには、最短で5年かかるんだ」

 -順位戦が名人につながるんだね。

 「名人の座は棋士の夢といわれている。名人戦以外の7タイトル戦は毎年、新人プロの四段でも可能性があるが、名人挑戦だけはA級順位戦の優勝者に限られている。A級は基本的に10人で構成される正真正銘のトップリーグ。今期は羽生二冠が佐藤名人への挑戦権を獲得。羽生二冠にとっては通算獲得タイトル数100期が懸かる7番勝負となり、こちらも注目だね」

2018/3/31

天気(10月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ