連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷
女児が履いていたとみられる物と同型のサンダル(兵庫県警提供)
拡大
女児が履いていたとみられる物と同型のサンダル(兵庫県警提供)
女児が履いていたとみられる物と同型のサンダル(兵庫県警提供)
拡大
女児が履いていたとみられる物と同型のサンダル(兵庫県警提供)
小学1年の女児行方不明から1週間。発見に向け、兵庫県警幹部から訓示を受ける捜査員ら=18日午前、神戸市長田区北町3、長田署
拡大
小学1年の女児行方不明から1週間。発見に向け、兵庫県警幹部から訓示を受ける捜査員ら=18日午前、神戸市長田区北町3、長田署

 神戸市長田区長田天神町1の小学1年の女児(6)が行方不明になってから1週間たった18日、兵庫県警は前日に続く最大規模の約260人態勢で、自宅近くを流れる大日川などを捜索した。また、女児が外出時に履いていた物と同型とみられるサンダルの写真も公開し、情報提供を求めている。

 女児は11日午後2時45分ごろ、名倉小学校を下校。自宅近くの祖母宅に寄ったとみられ、同3時15分ごろにはコンビニエンスストア前を一人で歩く姿が防犯カメラに写っていた。同5時半ごろに祖母宅から約600メートル南東の大丸山公園近くにいるのを児童3人が見掛けたほか、公園から約120メートル南の夢野台高校付近でも目撃されている。

 県警は17日までに約1100人を動員し、捜索や聞き込み、防犯カメラの映像解析を進めてきた。18日も午前8時に捜索を再開。機動隊員らが大日川や自宅近くの茂みなどを捜した。駅などのカメラのほか、周辺を走る市バスやタクシーの車載カメラの映像も回収、分析している。

 サンダルは大きさ18センチ。紺地に白の水玉模様があり、リボンが付いている。底は茶色。

 同日朝、長田署を出発する前の署員ら約100人を前に、県警本部の黒河内豊生活安全部長、松田哲也刑事部長、斎藤啓二署長が訓示。この日着任した斎藤署長は「全力投球で取り組み、無事に発見、確保を」と呼び掛けた。

 長田署TEL078・578・0110

2014/9/18

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ